menu

キッチンカー(トレーラー)の見積もりとってみたよ。開業資金とか晒す。

2023年11月28日

Life

こんちゃ。ラーメン屋開業準備中のAjiです。

先日熊本県のキッチントレーラーを販売している業者さんに話を聞きにいって来ました。

いろいろメリットとかデメリットかお話聞けたので紹介しますね。

検討してる車種はTKKX-001Wというかわいーやつ。

ラーメン屋を始めようと思ったきっかけはこちらの記事

店舗ではなくキッチンカースタイルを選んだ理由

最初は店舗を考えてたんですが、いろいろ考えて自分にとってはキッチンカースタイルが最適かなという結論になりました。

理由は以下の通り。

・現在の仕事と両立しやすい
・子供の病気に対応できるように

現在の仕事と両立しやすい

ぼくは現在ワインの輸入販売の仕事と、Web制作の仕事をしててどちらも基本的にオンライン完結で、平日のみの仕事です。

この点が週末メインのキッチンカースタイルと相性がいいなと思いました。

仕込みも平日の空き時間にやっちゃうぜ

事業がうまく回り出したら、平日の現在の仕事を誰かに任せて平日出店も検討していこうかなーと思ってます。

子供の病気があるため

ぼくの子供は白血病を患ってて治療中です。
息子の白血病に関する記事一覧はこちら

治療はまだ5年以上続くのでその間に万が一再発が起きたら付き添い入院が必要になったりするので身動きは軽くできるようにしておきたいのです。

キッチンカースタイルなら「出店しない」という選択肢がとれるから、万が一のときも対応できるかなと。

キッチントレーラーを選んだ理由

ほいでは次にキッチンカーではなく、キッチントレーラーを選んだ理由です。

メリットデメリットはあるんですが、自分は最終的にキッチントレーラーがいいなと思いました。

理由①初期投資がちょっと安い

キッチンカーの場合は車体価格+キッチンスペースの設備投資が必要です。

中古のトラックをみつけたとしても400万円前後の費用がかかりそうだなと思っていましたが、トレーラーの場合は箱だけなので車体価格が不要になりその分、イニシャルコストが安くなります。

理由②車内が広くて、提供できるメニューの幅が広がる

キッチンカーの車内は何台か見たことあるんですけど、めちゃめちゃ狭いです^^;

人がギリ2人立てるくらいで、車体に詰める設備、量、備品なども限りがあります。

ところがどっこい、トレーラー見て。

横幅1800(180㎝)、奥行き600(60㎝)の冷蔵庫がついても作業スペースこんなに広いんです!

詰める食材が多いってことは「売り切れて販売できない」ていうリスクも減らせます^ ^

あと引っ張る車にも荷物が積めるから移動させされる物量は圧倒的な差です。

理由③リセールバリューがいい

キッチンカー自体が特殊な車両なので価格が落ちにくいですが、ゆっても車両なので走行距離という概念がありますね。

この辺は売る時の価格に響いちゃいますが、トレーラーはただ単に箱に車輪がついてるだけなので走行距離という概念がありませぬ。

自分がいかにキレイに使うかによって売る時の価格が決まるので価格が落ちにくいはずです(知らんけど)。

いますごいインフレ起きてるからワンチャン10年くらい経てば購入価格と販売価格同じくらいかもしれないなーと思ったり。

理由④かわいい

トレーラーって可愛いんよね。それだけ。笑

出展するにあたって「目立つ」って重要なので外観デザインは重要ポイントかと思っております。

キッチントレーラーのデメリット

キッチントレーラーのデメリットもいくつかありまして…

バックがめちゃむずい

バック駐車する時に通常のバックと違って、逆ハンドルにして操作しないといけないらしく、これがめちゃむずいらしいです。

なるべく狭い道は避けて行く必要がありますね。

実際多いのはある程度のところまで運んだら、牽引を離して手押しで微調整して駐車させたりする人多いみたいです。

小回りが効かない

お察しの通りトラックならわりと狭い道でもスイスイ入れますがトレーラータイプは道選びを慎重にしないと怖いです。

牽引免許が必要な場合がある

総重量が750kgを超える場合は牽引免許が必要になります。

この辺はうまく750kg以下につくれば免許不要なしで出店されてる方もたくさんいらっしゃるみたいです。

僕が欲しい車種は冷蔵庫をのせちゃうと750kg超えるので牽引免許が必要とのこと。

まーでもバック駐車の練習できて安心やし、トラックの車体買うよりは安いからいっかなーと思ったり。

キッチントレーラーTKKX-001Wの値段

見積もりの段階で総費用は295万円でした。

ざっくですけど内訳はこんな感じ。

  • 車体価格157万
  • 慣性ブレーキ28万
  • 冷蔵冷凍庫29万
  • エアコン10万
  • その他細々改造費30万
  • 車検/保険/納車とかもろもろ諸経費50万弱

どうしても自分好みの改造費がはいっちゃうので車体価格から結構上乗せがでてきます。

が、まあ将来的に値が落ちず売れるから全然おkです。値が落ちるただの車買う良りめちゃめちゃいい買い物じゃないですかね〜。

開業資金のTOTAL費用

キッチンカー開業の場合、通常の飲食店よりミニマムな資金でスタートできる点もメリットですが、TOTALで考えると400万円くらいになるのかなーと見込んでるところです。

なにをするかによって必要な初期費用は全然違うのですが金額太いやつを紹介。

  • ストッカー(冷凍庫)
  • 真空機
  • 揚げ物フライヤー
  • 発電機

全部各10万円前後しました。笑

冷蔵庫はキッチンカーに大きなのを載せてるのでスタート時点では購入予定はありません。

今の所350万円くらいが確定してるから、その他もろもろ細かいもの買っていけば400万円くらいかなという感じ。

まとめ

こんな感じでキッチントレーラーのメリットデメリットとか、必要な経費とか紹介してみました。

もういろいろ設備を購入して両ひざくらいまで突っ込んでるから後戻りできません。笑

やるっきゃねー。

ちょっと営業

飲食店向けホームページ制作×公式LINE運用であなたのお店の売上を増やします

Follow Me!

Aji ろぐろぐみー筆者

フリーのWeb屋
詳しいプロフィールはこのページで色々書いてます。Twitterもやってます。コメント頂けると陸に上がった魚のようにピチピチ喜びます!

関連記事

コメントはこちらからどうぞ

プライバシーポリシーはこちら
また、コメントはこちらで承認の作業を行うまでは表示されません。ご了承ください。

CAPTCHA