menu

chatGPT4にLPの構成(内容)をつくらせる手順

2024年1月6日

備忘録

こんちゃ。

今日はchatGPT4にLP(ランディングページ)の内容を作らせる手順をご紹介いたしまする。

LPは顧客に「購入、お問い合わせ、資料請求」などの行動を誘導する重要なページなわけですが、いざ作ろうと思うと

どういう手順で作っていけばえんやっけ〜

となっちゃいますね。

ということで、質の高いLPをchatGPTに作らせる手順をまとめました。

基本的なLPの構成

いろんな構成がありますが、今回はよく使われる「悩みを解決しますよー系」の構成で進めていきます。

基本構成はだいたいこんな感じ。

LPの基本構成

  • ファーストビューのキャッチコピー
  • 「こんな悩みはありませんか」(悩み・共感)
  • 「この商品のメリットは○○」(解決策をアピール)
  • 商品、サービスの紹介
  • 不安を解決させる(不安を払拭して、信頼を得る)
    類似サービスと比べて「自社は何が強いのか」
  • 購入後に得られるベネフィット
  • 信頼性(販売実績や口コミ)
  • 「今なら割引中」(購入の後押し。なぜ”今”購入すべきか)

必要に応じて情報は省いたりしますが、基本はこんな感じ。

構成が理解できたらあとは順にそって、chatGPTに思いつく限りの内容を考えさせればいいだけです。

具体的な手順を紹介します。

chatGPT4にLPの構成(内容)をつくらせる手順

構成にそって詳細をchatGPTに考えさせます。

順番は好みですが個人的にはベネフィットから考えていく方がやりやすいです。

1度質問をした後に、内容によっては必要に応じて深ぼって質問していくといいですね。

商品(サービス)の特徴を伝えて、ベネフィットをリストアップさせる

最初は自社商品の特徴を伝えてください。

ここの情報を元にchatGPTが以降の考案をしてくれるので、超重要ポイントです。

思いつく限り書きましょう。

プロンプトは以下の通り。

弊社の〇〇を販売するLPを作成したい。
〇〇の特徴は以下である(箇条書きで書く)。
・価格
・商品の特徴1
・商品の特徴2
・商品の特徴3

弊社の〇〇を購入するベネフィットを思いつく限り書き出してください。
書き出すにあたり、必要な情報があれば私に質問をしてください。

追加でこのような深掘り質問をすると、違った角度からベネフィットを考えてくれます。

お客様は商品を購入することでどのような体験が得られるか

顧客の購入に対する不安と解決策をリストアップさせる

プロンプト▽

一般的な顧客の立場からして、お客様はいろいろな商品と比較検討します。
弊社の〇〇を本当に購入して失敗しないか?
どのような不安を感じる恐れがあるか?
他社と比べてどのような点が優れているか?
可能な限りリストアップしてください。

顧客の悩みと解決策をリストアップさせる

プロンプト▽

お客様が抱える可能性のある悩みを可能な限りリストアップしてください。
同時に弊社の〇〇がどのように解決策を提供できるかもリストアップしてください。

必要に応じて「信頼性、なぜ”今”購入すべきか」などを感がえてもらう

ここまできたら
自社商品のセールスポイントとか
顧客の悩みといった具体的な内容が概ね作れているかと思います。

あとは必要に応じて自社が持ってる商品の信頼性とか、なぜ”今”購入すべきかをうたえばいいのですが、思いつかない人はこの辺も考えてもらえばいいと思います。

自分が思ってるよりも違った視点の提案をしてくれたりするので。

おわり

AIが凄まじく優秀でホントに業務が楽になったね。最近AIツールあんまり触れてなかったけど発展がすごすぎる。

AIが仕事を奪うんじゃなくて、AIを使いこなす人が仕事を奪う

と、言われてるらしーです。使いこなす側にならんとね。

Follow Me!

Aji ろぐろぐみー筆者

フリーのWeb屋
詳しいプロフィールはこのページで色々書いてます。Twitterもやってます。コメント頂けると陸に上がった魚のようにピチピチ喜びます!

関連記事

コメントはこちらからどうぞ

プライバシーポリシーはこちら
また、コメントはこちらで承認の作業を行うまでは表示されません。ご了承ください。

CAPTCHA